前へ
次へ

歯医者のいない村で友達と野山を駆け巡った小学校時代

昭和20年代の小学生時代から虫歯に悩まされていましたが、歯医者のいない都下の村で生活していました。小

more

土日もやっている歯医者なら通いやすい

本当は歯医者に行きたいけれど、平日は仕事がある人が多いですし、なかなか歯医者に行けないと言う人は少な

more

歯医者で歯石を除去するメリット

歯医者では虫歯や歯周病などを治療することができますが、虫歯や歯周病になっていなくても歯石が蓄積してい

more

歯医者は症状に合わせて通いわけるべき

歯医者というのは、どこでも口腔内のケアをしてくれるから、かかりつけがあればそこでさまざまな口腔トラブルを相談してもいいと思われている方も多いのではないでしょうか。実際に、治療を目的に通い始めた歯医者に歯のホワイトニングを相談したり、入れ歯の相談を行った場合に、かかりつけでもホワイトニングも入れ歯も行ってくれることは多いです。しかし、歯医者というのは個々によって得意な治療というものが存在しています。虫歯の治療が上手な人もいれば、ホワイトニングが上手な人もあったり、インプラントや入れ歯はここが上手など、実は歯医者同士でも共有されています。歯医者によい病院を聞くと、必ずと言っていいほど、治療目的を聞かれるはずです。そのため、現在通っている歯医者がどの分野を得意にしているのかということを把握することから始めることが大切です。予防歯科のために通うのであれば、虫歯の治療を得意としている歯医者を選ぶことをおすすめします。昨今、病院などもホームページなどで治療内容を案内していますので、得意分野はホームページで確認をすることができます。治療ができる分野をすべて書いてあると、どれが得意なのか悩まれるかもしれませんが、基本的には上に書かれているものから得意だと捉えると安心です。これは、看板においても言えることです。歯列矯正などと書いてある場合に歯列矯正が得意と認識できます。また、口コミなどでも、どのような治療を受けているのかを把握しておくことが大切です。虫歯の治療はこの歯医者、ホワイトニングはここなどと使い分けることで、更に口腔内を快適にすることができます。歯の治療過程で、インプラントや入れ歯などを薦められた場合には、かかりつけ医で受けることだけを検討するのではなく、医師にインプラントなどが得意な歯医者を聞いてみることもおすすめです。腕に自信のある歯医者の場合は信頼できる医者を紹介してくれるケースが多いため、かかりつけの医師のクオリティを見定めるチャンスにもなります。

1からホームページ制作をお考えなら横浜のアートフレアにお任せ
0知識からでも使えるホームページをお作りします

市原市 歯科

新井歯科医院

Page Top